コンバース・ネクスターの魅力と評判まとめ!オールスターと比較してどちらがおすすめ?

コンバースネクスターとオールスターの画像スニーカー雑談

ネクスターが好調!評価からみる評判をご紹介!

スニーカーで大人気のブランド「コンバース・オールスター」。100年以上の歴史を持ち、100年前から変わらぬスタイルを貫いたオールスターは「永久定番」と言われる程、現在でも多くのユーザーから高い人気を獲得しています。

高いブランド価値もありながらも手軽に購入できるオールスターですが、量販店の激しい割引によりブランド価値の低下が懸念されていました。

そこで量販店向けに発売されたコンバースの新定番が「ネクスター」なのです。

ネクスターは歴史あるコンバースのスニーカーを基に作られた、コスパが良いコンバースのスニーカーです。

現在、量販店は「ネクスター」が卸され、一部のショップには「オールスター」が卸されており、ネクスターは多くのユーザーから受け入れられております。

主に量販店に卸されており、コスパが良いコンバースの新定番「ネクスター」。ここでは順調に売り上げを伸ばしているネクスターの口コミ・評判をご紹介します。

ネクスターを購入しようと思っているユーザーは是非参考にしてみて下さい!

ネクスターってどんなスニーカー?

コンバースネクスターの画像

順調に人気を集めている「コンバース・ネクスター」ですが、ネクスターとはどの様なスニーカーなのかをオールスターと比較しながらご説明します。

コンバースネクスターとは、、、

「CONVERSE NEXTAR(コンバースネクスター)」は、 コンバースらしいアイテムをリーズナブルに提案する 次世代のスタンダードライン(引用:https://converse-nextar.com/concept/index.html)

歴史あるコンバーススニーカーを基によりリーズナブルに、より使いやすく仕上げたモデルです。

ネクスターの種類は…

110シリーズ…キャンバスオールスターを基にしたであろうネクスターの定番モデル。量販店に向けたオールスターの代替えモデル。

120シリーズ…基となったモデルは恐らくワンスター等の革を採用したモデル。合成革採用モデルですが、スタイリッシュに幅広く使えるモデル。

300シリーズ…スポーティなアイコンの「シェブロンスター」を基にしたモデル。アイコンもそのまま採用。

ネクスターとオールスターの違いは?比較してみた!

コンバースネクスターとオールスターの画像

長い歴史をもつオールスターのブランド価値低下を防ぐ為に量販店向けに作られた「ネクスター」ネクスターをもっと詳しくご紹介する為にネクスターとオールスターを比較してみました。

比較するのは、オールスターは定番の「キャンバスオールスター」、ネクスターも定番のキャンバスアッパーの「ネクスター110」です。

価格面

ネクスター…メーカー希望価格¥4,950(税込)

オールスター…メーカー希望価格¥6,380(税込)

当たり前ですがネクスターの方が安いです。ちなみに某靴屋では3,900円ぐらいで早速売っていました。

カラー展開

ネクスター…ブラック・ホワイト・レッド・ネイビー・グレイ・オプティカルホワイト・ブラックモノクローム

オールスター…オプティカルホワイト・ホワイト・レッド・マルーン・ブラック・ブラックモノクローム・ネイビー・チャコール

オールスターの魅力の一つである多彩なカラー展開ですが、オールスターの方が1個だけカラーの展開が多いです。魅力的なカラーもオールスターの方が多いですが、ネクスターも多彩で使いやすいカラーを展開しています。

スタイル面

コンバースオールスターとネクスターのパッチの画像

ネクスター…ローカット・ハイカット両方展開。オールスターと非常に似ているが、パッチのマークとソールテープが(一枚巻になっている)違う。アッパーのスタイルもクラシカルというより、モダンな雰囲気。

オールスター…ローカット・ハイカット両方展開。ソールテープが二枚巻になっており高い存在感を演出。不変のアッパースタイルで、クラシカルなかっこいい雰囲気を演出。

比較してみて個人的に思う事

オールスターを基にして作られたであろうネクスター110ですが、ネクスターは幅広く使える現代的なデザイン、オールスターは幅広く使えるクラシカルなデザインといえます。

個人的にはオールスターの方が存在感があって好きですが、使いやすくコスパが良いのはネクスターの方ではないのかなと感じます。

それでは次からネクスターを購入したユーザーの評価をご紹介していきます。

口コミ・評価からみる「コンバースネクスター」の評判!

いいこと教えてあげるから耳を貸してと内緒話をする恋人の写真素材

それでは次からコンバースネクスターの口コミ・評価をご紹介していきます。主にネクスターの定番「ネクスター110」をご紹介しています!

[使いやすい]

色々な服に合わせやすいです。オシャレな知人も履いています。オススメです。(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R6ZJT9B3ZI3P0/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07D6JTMHK)

シンプルで合わせ易いデザインでした。(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1E4WMVAUVKWXO/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07D6JTMHK)

特にブラックモノクロームが女性を中心に人気でした。

[サイズ感はオールスターと同じ?]

普段23.5cmですが、ワンサイズ大きい方が良さそうだったので、24cmを購入しました。ですが、私には少し大き過ぎました。(引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/250619_10006703/c22q-iadlc-bnx9_2_1795946959/)

息子のサイズが26.5丁度でしたので、レビューを参考にワンサイズ上を購入。良かったようです。(引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/255070_10003099/clug-i0zgb-a5op_3_1474999166/)

サイズ感は通常のオールスターと変わらない様です。足幅が狭く縦幅が少し大きいので、女性の方は大きく、男性の方は小さく感じる傾向があります。

横幅が広い方はサイズ感が大きい革靴のサイズ+0.5cmがおすすめではないのでしょうか。(靴の選び方について→元靴屋店員が教える[靴のサイズの選び方!]正しい足の測り方もご紹介!]

[オールスターと比較して…]

コンバースは足が痛くなったり重たくてちょっと・・でしたがこのネクスターは軽くてソウルも柔らかくてとてもはきやすいので履き初めから足が痛くなることもなくとても良かったです。(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HWE9P2TQX5LA/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07D6JTMHK)

オールスターより断然履きやすいです。しかも壊れにくいです。ただ、ちょっと太くて野暮ったい感じは否めませんが、普段使いにいいと思います。(引用:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJXNCFS1QDVGR/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07D6JTMHK)

コンバースはいつもオールスターを履いていますが、デザインもほぼ変わらずこちらの方がお値段もお手頃だったので購入。
オールスターと比べて軽いしクッション性もありこちらの方が履き心地が良いです。(引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/255070_10003099/clug-iadlk-u4n4_1_1819174571/)

オールスターに比べ履き心地が良いという意見が多く見受けられ、多くのユーザーから高い人気を得ています。

しかしながら、オールスターと比較して、デザイン性に納得がいかない評価も見受けられました。

ネクスターの評判をチェックしてみて…オールスターとどちらがおすすめなのか?

コンバースネクスターとオールスターの画像

ここでは好調のコンバースネクスターの評価をご紹介しました。

オールスターのブランド価値を守る為に作られたネクスターですが、ネクスターが目指していた「多様性」という点において高く評価されていると、口コミから感じました。

さらにこれは私も実際に履いてみて思ったのですが、オールスターよりもネクスターの方が丁度良い重量感・クッション性で履きやすいのです。

すごく履きやすいという訳ではありませんが、オールスターよりも長く履いていられると感じました。

ただコンバースのスニーカーを好きでいる方は物足りなさを感じている様で、オールスターを購入する傾向にあります。

しかしながら、ライトなユーザーには「ネクスターを」、ヘビーなユーザーには「オールスターを」という感じで、しっかりとコンバース社の思惑通りのユーザーの構成になっているのではないのでしょうか。

現在量販店にはネクスターが展開されております。キャンバスのオールスターに強いこだわりがないのであれば、オールスターよりもネクスターの方が履き心地が良く多様性があるのでおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました